折りたたみベッドは布団かマットレスか?3つの使用スタイル別適否

06)折りたたみベッド

折りたたみベッドに使う寝具は、敷布団かマットレスか、お悩みではありませんか。

確かに、ベッドも寝具も何をどう選ぶのが正解か悩みますよね。

 

そこで、結論からいうと、

  1. 毎日折りたたむ場合は、素直に、敷布団派は「すのこ仕様」、マットレス派は「マットレス一体型仕様」。
  2. 基本的にベッドのままの場合は、「ベッドも敷寝具も自由」
  3. 基本的に折りたたんだままの場合は、「マットレス一体型」

をおすすめします。

 

この記事では、折りたたみベッドと寝具を選ぶ基準が分かるように、使用スタイルを3パターンに、そして、床板と寝具の組合せを5パターンに分類しています。

これら3×5の掛け合わせで、向き不向きをご紹介しています。

あとはご自身の好みも加味して選ぶだけ。 ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

使用スタイル3パターンとは

このように特徴的な「折りたたみベッド」。 使用スタイルを大別すると次の3パターンに分かれるようです(同一人物であっても時期によって異なることも)。

今はどの使い方をイメージされていますか。

パターン1)毎日折りたたむ前提(省スペースが第一目的)

  • 部屋が狭くて困っている
  • ベッド空間をミニマムに抑えたい
  • 「寝」「起」のけじめをつけたい

つまり「折りたたみベッドに自分が寝る」かつ「毎日たたむ」という使い方です。

 

パターン2)特に折りたたまない(あくまで安さ・身軽さが目的)

  • 部屋が狭くて困っている訳ではない
  • ベッドは手軽で身軽なものがいい
  • ベッドにお金を掛けたくない

つまり「折りたたみベッドに自分が寝る」かつ「折りたたむつもりはない」という使い方です。

 

パターン3)来客用(普段は折りたたまれたまま)

  • 来客用
  • 普段は折りたたんだまま

つまり「折りたたみベッドに自分以外の人が寝る」かつ「必要な時だけベッドを開く」使い方です。

 

スポンサーリンク

床板と寝具の組合せ5パターンとは

上に触れたように、ほとんどの折りたたみベッドの床板は「マットレス一体型」か「すのこ」。

したがって、床板と寝具の組合せは次の5パターンのどれかになります。

  1. 一体型マットレス+カバーシーツ
  2. 一体型マットレス+敷布団
  3. すのこ+敷布団
  4. すのこ+厚手マットレス
  5. すのこ+薄手マットレス+敷布団
注)因みに、ベッドパッドを敷く人はカバーシーツの下です。

 

スポンサーリンク

「使用スタイル」×「床板と寝具の組合せ」適否

「3つの使用スタイル」ごとに「5つの床板と寝具の組合せ」の向き・不向きを簡単な表にしてみました。

1.毎日
折りたたむ
2.基本
ベッド
のまま
3.基本
折りたた
んだまま
1.一体マットレス
+カバーシーツ
2.一体マットレス
+敷布団
×
3.すのこ
+敷布団
4.すのこ
+厚手マットレス
× ×
5.すのこ+
薄手マットレス
+敷布団
×

1.毎日折りたたむという使い方の人には…

寝心地も大切ですし、折りたたんだ時の省スペースも大切です。

単純シンプルが一番。 寝る人がもし布団派なら「すのこ仕様」を、もしマットレス派なら「マットレス一体型仕様」の折りたたみベッドを選びましょう。

 

2.基本的にベッドのままという使い方の人には…

普通のベッドと同様に自由(※)です。

好みの折りたたみベッドに、好みの寝具を載せて、快適な睡眠環境を作りましょう。

※)敷布団かマットレスかどっちか迷ったらマットレスをおすすめします。 なぜなら、マットレスによる体圧分散が体だけでなくベッドへの負担も減らしてくれるからです。

 

3.基本的に折りたたんだままという使い方の人には…

折りたたんだ状態のコンパクトさが重要ですので、見た目にもスマートなマットレス一体型を選ぶのが一番いいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

折りたたみベッドは、床板を二つに折りたたむと、キャスターで移動できるやや低めのベッド。

床板と寝具の組み合わせが5パターンもあり、使用スタイルが3パターンに分かれる点も特徴的。

ベッドとと載せる寝具を選ぶときには、寝る方のスタイルによって向き・不向きがありますので、上の表を参考にしてみてください。

折りたたみベッドは、他のベッドと比べると床板の種類が多種多様です。 好みの寝心地のものが無いか、是非着目して見てみてください

関連記事

関連「すのこマットレス」と「すのこの折りたたみベッド」違いとおすすめ

関連一人暮らしに「布団」?「ベッド」?変えて感じた不満7つと利点8つ

関連折りたたみベッド セミダブル特集 &おすすめ2選

コメント