折りたたみベッド【折りたたむ頻度別】メリットとデメリット

06)折りたたみベッド

折りたたみベッドのメリットやデメリットについて、お調べではありませんか。

確かに、良いところも良くないところもあります

ただ、両方とも、ユーザー様の「折りたたみベッドを選んだ目的」つまり『折りたたむ頻度(3種類)によって、大きく異なります

▼3種類の『頻度』…あなたはどれでしょうか?
頻度①:毎日折りたたむ(起きている間は居住空間が必要)
頻度②:めったに折りたたまない(ほぼ据え置き)
頻度③:普段は折りたたんだまま(来客やアウトドア用)

 

当サイトでは、読者にとって不要な情報を省いてお伝えするために、『折りたたむ頻度』に合わせて、記事を3つのページに分けています。

 

この記事では、3種類の『折りたたむ頻度』によって、該当の記事をご案内しています。

お手数ですが、下の章にて、当てはまるページをお選びいただきまして、ぜひ参考にしてみてください。

※)ここでいう『折りたたみベッド』とは、文字通り「ベッド形状」のものを指します。

もし、すのこマットレスをイメージされている場合はこちら>参考「すのこマットレス」と「すのこの折りたたみベッド」違いとおすすめ

スポンサーリンク

頻度①:毎日折りたたむ(起きている間は居住空間が必要)

【毎日たたむ人向け】メリットとデメリット

【置かれた環境・主な使用目的・優先順位】

  • 部屋が狭くて窮屈で困っている
  • ベッド空間をミニマムに抑えたい
  • 「寝」「起」のけじめをつけたい
  • 開閉や移動の負担が少ないことが重要

 

スポンサーリンク

頻度②:めったに折りたたまない(ほぼ据え置き)

【たたまない人向け】メリットとデメリット

【置かれた環境・主な使用目的・優先順位】

  • 部屋が狭くて困っているわけではない
  • 移動や引越がしやすいベッドがいい
  • 処分がしやすいベッドがいい
  • ベッドは軽くて安いに越したことがない

 

スポンサーリンク

頻度③:普段は折りたたんだまま(来客やアウトドア用)

【来客用】メリットとデメリット

【置かれた環境・主な使用目的・優先順位】

  • 自分や家族用の寝床は別にある
  • お客様など人が増えたときに使う
  • 臨時で、外に持ち出して使う
  • 取り回しがしやすければそれでいい

コメント